<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

<高木美帆選手>姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)

 バンクーバー五輪スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の姉、菜那選手(17)=北海道帯広南商高2年=が3月12〜14日にロシア・モスクワで開催される世界ジュニア選手権の切符を手にした。

 美帆選手も既に世界ジュニア選手権の出場を決めている。菜那選手は14日、代表入りをかけて明治北海道十勝オーバル(帯広市)で開かれた全日本ジュニア選手権に出場。代表権は4種目の総合得点で争われ、やや苦手とする最終種目の三千メートルでは終盤にペースが落ちたが、東出俊一監督が「美帆が待ってるぞ」と叫ぶと、負けん気を発揮。自己ベストの4分25秒18のタイムで3位に食い込み、総合得点では2位に浮上して代表に選ばれた。

 15日には市役所を表敬訪問。妹から「一緒に行こう」と誘われていた舞台だけに、「目標を達成できてうれしい」と喜びを語った。17日には家族とともにバンクーバーに応援に向かう。大一番を迎える妹については「美帆らしい滑りで頑張ってほしい」と話した。【田中裕之】

【関連ニュース】
五輪スピード:高木まずまず 岡崎スタートでミス 記録会
高木美帆選手:万能15歳 サッカーも陸上もダンスも
スケート:高木美帆選手、高校推薦入試前倒し 五輪出場で
スピードスケート:初々しく意気込み 中3五輪代表の高木
スピードスケート:バンクーバー五輪日本代表19人を発表

「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)
密約調査結果、3月にずれ込み=衆院予算委−岡田外相(時事通信)
韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)
火の回りの早さを確認 老人施設火災で群馬県警(産経新聞)
ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-15 22:25

GWG買収仲介で脱税会計士、韓国が引き渡しへ(読売新聞)

 旧グッドウィル・グループの会社買収を仲介した投資事業会社「コリンシアンパートナーズ」(東京)の脱税事件で、韓国で拘束されている同社元社長の公認会計士・中村秀夫容疑者(52)が10日、日本側に引き渡されることが分かった。

 東京地検は法人税法違反容疑で中村容疑者を逮捕するとともに同日、国内に移送する。

参院選候補選考、県民からネット投票…自民栃木(読売新聞)
<ワコール>就職希望学生のメルアド、194人分表示し送信(毎日新聞)
「小沢氏、説明責任果たしている」…首相(読売新聞)
介護疲れで親殺害、懲役4年=減刑求める嘆願書を「評価」−岐阜地裁(時事通信)
米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-14 16:59

「庶民なら刑罰受ける」=自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は6日、京都市内で街頭演説し、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件について、「政権を取って中枢にいれば、庶民なら刑罰を受けることでも免れられると言っているに等しい。権力にある者が法の支配を免れる国家にしてしまえば、日本はファシズム国家になる」と述べ、両氏の説明責任、道義的責任を国会で厳しく追及する考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
<現金拾得>またまた路上に大金、通行人187万円拾う 日立(毎日新聞)
【十字路】テッポウウオ、ハートの標的を狙い撃ち(産経新聞)
<訃報>山澤由江さん50歳=寄席三味線奏者(毎日新聞)
診療明細書、全患者に無料で…10年度義務づけ(読売新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-12 23:37

【WEB人】シナリオライター 小池陸さん(23)(産経新聞)

 ■路上から「自己表現」発信

 自らの銀行口座番号をユーザーがさらして“義援金”の振り込みを求めるサイト「金くれ」を開発。立ったまま太ももの上にパソコンを乗せてタイピングする姿は「小池スタイル」と呼ばれ、“ストリートコンピューティング”の象徴として認知されつつある。

 金くれ自体、路上で作られたもの。開発期間はおよそ3時間とただならぬスピードだが、「ツイッターで教えてくれるプログラマーがいたからできた」という。

 本職は、シナリオライター。「(サイトに)社会的な価値や意味があるとするなら、万葉集には、防人や農民という普通の人々の短歌が載っていますよね。いま、誰もが短歌と同じようにプログラムを作ることができる。プログラムは音楽や文章と同じように、ウェブでの自己表現だと思います」

 以前にメールでのやりとりで取材をしたが、「実際に会ってお話をすると、得られる情報量が違いますね。この情報をウェブで共有することができたら…」と真剣な表情を見せた。

 常にパソコンを持ち歩くというが、「路上パソコン族」ならではだろう。「思いついたことを、その場その場でやっていく。そういうスピード感を大事にしたいです」(織田淳嗣)

<「1Q84」>「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
トヨタの信頼回復を支援=岡田外相(時事通信)
タウンニュース社員が相場操縦 課徴金25万円納付命令勧告(産経新聞)
まゆのひな人形、制作ピーク=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)
<雑記帳>建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-11 22:31

【話題の本】『あねチャリ』川西蘭著(産経新聞)

 ■努力と公平さ 自転車競技の醍醐味描く

 女性競輪選手を描いた小説は日本初という。一見、無謀なテーマ設定と思うかもしれないが、奇(く)しくも昨年、JKA(旧日本自転車振興会)が、来年度にも「女子競輪」を開催すると発表した。著者がこの事実を知ったのは執筆後で、いつの世も創作は時代を先取りしている。

 主人公、早坂凛は16歳の女子高校生。バレーボール部員だが、今は引きこもりだ。運動不足解消にママチャリ(ミニサイクル)に乗っていたが、元競輪選手の瀧口に出会うことでロードレーサーの魅力を知り、やがてピストバイクで競輪場のバンクを走るようになる。目標は競輪選手だが、まだ、日本に女子競輪はない。それでも凛はあきらめなかった…。

 近年、競技用のロードレーサーをテーマにした自転車小説や自転車漫画が人気を集めている。ようやく日本にも本格的な自転車文化が浸透してきたと実感させられる。が、いくら環境や状況が整っても自転車競技自体に魅力がなければ、人の心をつかみ、揺さぶり続けることはできない。ではその魅力はどこにあるのか。

 一つの理由に“公平さ”が挙げられるかもしれない。例えばプロ野球やサッカーは生まれ持った素質が大きく影響し、身体能力の高いフィジカル・エリートしか通用しないという不公平さを感じさせるスポーツだ。これに比べ、自転車競技は素質より努力の要素が大きいスポーツといわれている。

 箱根駅伝をテーマにした『風が強く吹いている』の作者、三浦しをんさんは取材でこう語った。「努力次第でタイムが伸びるのが駅伝の魅力。素質重視ではないんです」。公平かつ努力が武器の競技。駅伝の魅力は自転車にも通じると感じた。(小学館・1365円)戸津井康之

【関連記事】
「赤字拡大避けられず」花月園競輪、今年度で廃止
盗撮容疑で競輪選手逮捕「スリル感じたかった」
元Jリーガー・河野淳吾が競輪学校に入学
西武・菊池ぶっ倒れた!競輪トレで完全燃焼
海老根が初優勝 競輪のグランプリ09

<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)
ビジネス誌通じ投資募る=無登録勧誘のカレー会社−警視庁(時事通信)
<海底火山>福徳岡ノ場が噴火 4年半ぶり 南硫黄島沖(毎日新聞)
鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価(時事通信)
【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-10 22:37

毎日映画コンクール 表彰式に1200人(毎日新聞)

 「第64回毎日映画コンクール」の表彰式が8日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。映画ファンも含めて約1200人が出席。日本映画大賞を受賞した「沈まぬ太陽」の若松節朗監督は「多くの俳優やスタッフが、やりがいのある題材に喜びを感じて撮影した。すてきな賞をいただいてありがたい」と語った。【勝田友巳、鈴木隆】

【関連ニュース】
毎日映画コンクール:09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」
ひと:高橋恵子さん 毎日映画コンクール田中絹代賞受賞
毎日映画コンクール:日本映画界の層の厚さ感じさせる結果
毎日映画コンクール:「沈まぬ太陽」に日本映画大賞 若松監督「プレッシャーと戦った」
毎日映画コンクール:小西真奈美、女優主演賞の知らせに「ナイフを持ったままスキップ」

将棋 佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級(毎日新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
トラック2台横転、白菜が散乱 練馬の外環道大泉JCT(産経新聞)
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
トヨタの信頼回復を支援=岡田外相(時事通信)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-10 00:54

「店をテレビ放映したい」 ニセのフジプロデューサー、詐欺容疑で逮捕(産経新聞)

 フジテレビのプロデューサーをかたり、交通費名目で現金を詐取したとして、警視庁千住署は詐欺の疑いで、職業不詳、染谷日出夫容疑者(60)=千葉県柏市片山=を逮捕した。同署によると、染谷容疑者は「金を借りただけ」と容疑を否認している。

 同署の調べによると、染谷容疑者は平成21年12月22日午後8時ごろ、東京都足立区内の焼肉店で、20代の同社社長に対し「財布を落とした。金がないから帰れない」などとうそを言い、現金1万円をだまし取った疑いが持たれている。

 染谷容疑者は同20日、同区内で店のチラシを配っていた社長に「フジテレビプロデューサー、石田弘志」と書かれた名刺を渡し、「店をテレビで放映したい」と接触。打ち合わせと称し、同店で約5千円分の飲食をしていた。

 染谷容疑者は同27日にも同店を訪問しており、「28日に30人で宴会をする」と予約したが、当日は誰も来店しなかったという。

 不審に思った社長がフジテレビに連絡したところ、同名の社員が存在しないことが判明。今年1月に警視庁へ被害相談していた。

【関連記事】
「のど自慢出ない?」と参加費要求 偽プロデューサー逮捕
元ジャニーズJr.メンバーを逮捕 失業保険不正受給の詐欺容疑で
詐欺師にだまされた?テレ朝、金正雲の写真で誤報か
キジも鳴かずば…インテリアデザイナー、詐欺罪で罰金
読売子会社の元課長、詐欺容疑で逮捕 大阪地検特捜部

学テ、市町村名伏せ公開=京都府教委(時事通信)
<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
上島珈琲キャンペーン中止 ツイッターで「炎上」相次ぐ(J-CASTニュース)
サンタ姿で放火、男逮捕=事務所に侵入、社長殺人未遂容疑−埼玉県警(時事通信)
<殺人>新聞販売店員が自宅で殺される…山梨・富士河口湖(毎日新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-09 07:00

歩道に乗り上げ、男女3人死亡=運転手ら逃走、ひき逃げで捜査−名古屋(時事通信)

 1日午前0時55分ごろ、名古屋市熱田区六番の交差点付近で、乗用車が歩道に乗り上げ、男女3人をはねた。3人は病院に搬送されたが、全員の死亡が確認された。車の運転手らは事故直後に現場から逃走しており、県警熱田署はひき逃げ事件とみて捜査している。 

【関連ニュース】
米兵をひき逃げで追起訴=沖縄の死亡事故
ひき逃げ事件で別人の写真放送=25日に2度
47歳左官の男逮捕=ひき逃げ24キロ引きずり事件
日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示

小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)
<中学受験>本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)
小沢氏の喚問要求も=大島自民幹事長(時事通信)
<廃ポリタンク漂着>今冬は昨年同期並み 18道府県で確認(毎日新聞)
国歌不起立の教職員名収集、神奈川県教委が継続(読売新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-08 13:08

<訃報>見田盛夫さん76歳=レストラン評論家(毎日新聞)

 見田盛夫さん76歳(みた・もりお<本名・菅原晢=すがわら・てらす>レストラン評論家)3日、脳出血後遺症のため死去。葬儀は近親者で行い、お別れの会を後日開く。喪主は妻圭子(けいこ)さん。

 東京と関西のフランス料理店を格付けしたガイドブック「グルマン」(共著)などを出版。グルメブームのさきがけとなった。

津市長に松田氏が再選(時事通信)
<鳩山首相>施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)
<関西テレビ>プロ野球選手ら情報のUSBメモリー紛失(毎日新聞)
地下鉄エスカレーターで転倒、数十人折り重なる(読売新聞)
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-07 14:24

<全盲男性>地下鉄ホームから転落 退避し軽傷で済む 大阪(毎日新聞)

 31日午後7時15分ごろ、大阪市天王寺区生玉前町の市営地下鉄谷町線谷町九丁目駅で、白いつえをついて歩いていた同市住吉区の全盲の男性会社員(50)がホームから転落。直後に都島発文の里行きの下り電車(6両)が入ってきたが、男性は転落地点の近くにあったホーム下の退避場所に逃れて、接触を免れた。男性は病院搬送され、腰を打つなどして軽傷。

 大阪府警天王寺署によると、男性は「酒を飲んで帰る途中で、ふらついて誤って落ちた」と話したという。

 電車はふらついて歩く男性に気づいて警笛を鳴らし、転落地点を約17メートル過ぎて急停止した。市交通局によると、この事故で上下線17本が8分遅れ、2000人に影響した。【田中龍士、茶谷亮】

絵手紙発祥の地、400枚分の巨大作品(読売新聞)
【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(上)“名家育ち”破滅の人生 (産経新聞)
<参院代表質問>首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
<民放連>会長に広瀬・テレビ朝日顧問の3選内定(毎日新聞)
<京品ホテル訴訟>元従業員と和解、金銭的解決で合意(毎日新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-02-06 17:38