鳥取不審死 殺人容疑 逮捕状請求へ 36歳女、週内にも(産経新聞)

 鳥取の連続不審死で、昨年10月に鳥取市内の川で変死した電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=について、鳥取県警は25日、殺人容疑で同市の元スナック従業員の女(36)=詐欺罪などで起訴=の逮捕状を週内にも請求する方針を固めた。詐欺罪などで起訴された同居の男(46)の供述などから、女が円山さんに睡眠導入剤を飲ませ、昏睡(こんすい)状態のまま川に放置、窒息死させた疑いが強まったと判断した。

 県警は当初、男についても殺人容疑での立件を視野に捜査していたが、その後の調べで男の供述に矛盾がなく、女が単独で殺害したとの見方を強めた。

 また女の知人で昨年4月に鳥取県北栄町沖の海で死亡したトラック運転手、矢部和実さん(47)も殺害された可能性が高いとみており、円山さんへの捜査終了後、矢部さんの死亡について女から事情を聴く。

 県警によると、円山さんは昨年10月6日朝、車で自宅を出た後、行方不明になり、翌7日午後に自宅から約5キロ離れた川で遺体で見つかった。死因は窒息死で、遺体からは睡眠導入剤の成分が検出された。

 男の供述によると、男は6日朝、女や円山さんと合流し、乗用車2台に分乗して鳥取市内の現場へ移動。女が「円山さんと2人で話がしたい」と言い出したため別の場所で待っていたが、女に携帯電話で呼び出されて再び戻ると円山さんの姿がなかった。雨は降っていなかったが、女は服がぬれた状態だったという。

 これまでの県警の捜査で、女は円山さんから購入した家電製品の代金が100万円以上未払いになっていた。さらに遺体から検出された睡眠導入剤の成分が、女のアパートから押収されたものと一致した。

 女は円山さん殺害について否定しているという。また、男に接見した弁護士によると、女は昨年4月、矢部さんが遺体で見つかった現場近くの砂浜でも「矢部さんともみ合いになった」などと男に説明したことがあったという。

<小沢幹事長>午後、事情聴取 検察側、関与など説明求める(毎日新聞)
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)
小沢氏を事情聴取=原資など説明求める−虚偽記載関与を捜査へ・東京地検(時事通信)
<JR京浜東北線>踏切に人!緊急停車で6万人影響(毎日新聞)
被告供述のTシャツから千葉大生のDNA型検出(読売新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-01-29 20:40


<< 新幹線、停電で運転ストップ=新... 高圧ケーブルカルテルで排除命令... >>