岡田外相、ミャンマー軍事政権に遺憾表明(産経新聞)

 日本政府は26日、ミャンマー軍事政権が今年中に予定する総選挙で自宅軟禁中の民主化指導者アウン・サン・スー・チーさんを禁固刑受刑者と同様の扱いで立候補資格を与えない選挙法を立法したことを確認、岡田克也外相は同日、駐日ミャンマー大使を外務省に呼んで遺憾の意を表明した。岡田外相は「こうした選挙は国際社会で認められない」と伝え、軍事政権に選挙に関しての再考を求めた。

 日本は日・ミャンマー首脳会談などで開かれた選挙など民主化に見合う大型経済支援を表明しているが、岡田氏はこの日の記者会見で、「今の状況ではそうはならない、と大使に申し上げた」と経済支援の見合わせを明言した。

【関連記事】
ミャンマー野党NLDの落日
「医療」だけでない米政権の難問
NLDの総選挙参加に反対 スー・チーさんが表明 ボイコット強まる
【国際情勢分析】ミャンマー軍政 差し伸べた手につば
ミャンマー、「人道への罪」に当たる可能性も 国連の特別報告者

秋篠宮家 眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
緊急停止装置外して運行=作業の連絡ミスが原因−JR西(時事通信)
<座礁船>岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾(毎日新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)
多摩ニュータウン 一括建て替え決定 高層マンションに(毎日新聞)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-04-01 00:50


<< 日医会長に親民主・原中氏 自民... 毒ギョーザ容疑者逮捕、消費者・... >>