政権半年で首相「前に出て意思決定見せる」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日夜、政権発足半年にあたり「コンダクター(指揮者)的な首相をしてきたが、指導性が見えないとのおしかりを受けた。これからは前に出て、意思決定を見せるのも重要だ。随時、必要に応じて自分なりの決断を示す必要があるのではないか」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
表敬訪問並み? 普天間抜きの日米首脳会談
自見幹事長、鳩山邦夫氏との“友情”に期待
首相、邦夫氏離党で「さまざまな動き出てくる」
鳩山首相「弟は弟だ」 連携の考えなし
鳩山邦夫氏が離党届 園田氏は役職辞任へ
20年後、日本はありますか?

ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)
将棋 中飛車から急戦へ 王将戦第6局(毎日新聞)
単独比例の民主新人、生き残りかけ勉強会(産経新聞)
高速道路料金の上限制、参院選後に先送り(読売新聞)
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業−成田(時事通信)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-03-17 22:50


<< なぜ突然…大阪城公園で地面陥没... 在宅医療は「医薬分業、開局薬剤... >>