普天間移設先には経済振興策 前原担当相(産経新聞)

 前原誠司沖縄担当相は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「仮に県内で(移設を)引き受けてくださったところがあれば、振興計画や経済対策があってしかるべきだ。県外であっても何らかの支援を考えることは大切だ」と述べた。

 那覇市内で記者団に語った。

【関連記事】
鳩山首相、普天間5月末解決に「覚悟持って臨む」
大島氏、首相に退陣要求 「普天間」5月決着不能なら
米次官補、今月中旬に来日 普天間移設めぐり協議
「普天間」結論先送りは悪影響 米国務次官補
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
<訃報>仙田理芳さん71歳=能楽師、金春流シテ方(毎日新聞)
「補償費肩代わり」認定へ=沖縄返還、密約断定はせず−有識者委(時事通信)
[PR]
by 0nssnuazhk | 2010-03-10 09:28


<< 【論説委員の取材ノート】石川水... ネパールPKO、4カ月延長(時... >>